ホーム  >  賢いお部屋の使い方

損をしないお部屋の使い方

お部屋を汚損、破損させてしまうと、その修理費用を負担することになります。

汚損・破損が少ないと、退去のときも無駄なお金を払わずに済みます。 

 

壁の電気焼けを防ごう

冷蔵庫・電子レンジなどは壁にピッタリ付けておくと壁が
黒く焼けてしまいます。

10cmくらい離して置くか、ベニヤ板などを間に入れると良いですよ。








水回りをいつも清潔に・・・
特に汚れやすいキッチン・トイレ・浴室はこまめに掃除を。汚れが落ちない状態にすると、ルームクリーニング料金割増になってしまう場合があります。


家具などの置き方に気をつけて・・・
カーペットや畳がへこむような家具などは、敷物を置いて予防しましょう。
フローリングの部屋で使う家具などは、引きずってキズが付かないように
脚にゴムやフェルトを貼るのがオススメです。

いつも換気を心がけよう
窓を閉めきりにすると結露が発生し、カビの原因シなります。冬場は特に要注意。カビを予防
するために家具などは壁から少し話して配置し、1日1回は歓喜をしましょう。

壁・ふすま・天井に注意しましょう

壁に時計やカレンダーをかけるときはなるべく1か所にまとめて。クギやネジを
壁や天井に無断で打つのはNG。修理の費用負担が発生してしまいます。




    TOP     上手な転居チェックリスト
    お引越しのコツ、伝授します    賃貸は共同生活

    どんなことに気をつけて生活したらいいの? 

    設備の困った、どうしよう
    損をしないお部屋の使い方    契約の更新・解約・退去の手続き

ページトップへ